2014年05月20日

乙女のご朱印帖とファッションカンタータ

image-87.jpeg

先週の金曜日はお仕事でお世話になっている
旧嵯峨御所 大覚寺門跡さんへ行って来ました。

お天気が良くて、本当に綺麗な日。

先にことり会のブログ→にてご紹介させていただいたのですが、
旧嵯峨御所 大覚寺門跡様からオファーをいただき、
「乙女のご朱印帖」制作の株式会社フィールドことり会
大覚寺オリジナルご朱印帖の企画・制作させていただいたご朱印帖が
ただ今300冊の数量限定で好評発売中です!

記念すべき第一弾の表紙は、大覚寺で平安時代から栽培されている
門外不出の古典菊「嵯峨菊」を図案にしたもの。
わたくし辻ヒロミがイラストを担当させていただきました。

daikakuji01.jpg

image-93.jpeg
↑拝観受付に目印のポップがございますので、
大覚寺へお越しの皆様はぜひぜひ手に取ってみてください!

私が訪れたこの日、大覚寺さんでは次の日17日が本番となる
ファッションカンタータのイベントリハーサルのまっただ中。
でも通常通り拝観はOKとの事でしたので、
普段中々見れない貴重なリハ風景とともに境内を見せていただき、
次の日はことり会メンバーと一緒にショーにご招待をいただきました!

image-99.jpeg

image-100.jpeg

(※当日モデルで出演されてた杏さんを取材した映像を
 NHKさんのサイトで見る事ができます!→


私たちが招待してもらったのは17日の夜の3rd show。
境内の夜は空気が澄んで清らかで、
昼とはまた全然違う表情を見せてくれます。
その中を歩くモデルさんたちの姿に
凛とした、艶やかな美しさを添えていました。

四季折々、一日の時間の移ろいの中で
広大な自然の中に静かに身を置き、
平安文化・芸術に心酔出来る美しいロケーションは
こちら大覚寺ならでは。とても印象に残ったショウでした。

一年を通して、何度でも訪れたいお寺です。

image-95.jpeg

image-101.jpeg

image-96.jpeg



posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(2) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

皐月

image-92.jpeg

一年で一番好きな季節がやってきました。

風に揺れる新緑の青、
葉の間からこぼれる日の色は生命そのもの。

瑞々しいその薫りを肺の奥深くまで吸い込むと、
心身が洗われるような心地がいたします。


葵祭のこの日、今年は11時40分〜12時頃に、
行列が下鴨神社の参道へ入ってくるところだけ
ピンポイントで見物へ行って来ました。

下鴨神社の参道は森に囲まれているので
ほとんど現代的なものが視界に入らないため、
平安絵巻をよりリアルに体感する事が出来る
わたしのお薦めポイントです♪

今年のお天気はあいにくの曇り空でしたが、
それでもこの季節の糺の森の緑はパワーに満ちあふれ、
牛車の黒や装束の色をより鮮やかに美しく見せてくれました。
今年も見に行けて嬉しい。

5月15日は大好きな葵祭の日で、
九年前に亡くなったわたしの父の祥月命日でもあります。
午後からは家に戻って(京阪・阪急飛び乗り猛ダッシュ!)
お寺さんに来ていただきました。

こうして季節が巡って来る喜びと、
その美しさを全身で感じる事が出来る今に
心から感謝します。
posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(0) | 京歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

有り難うございました!

happyoukai1.jpeg

happyoukai3.jpeg


先月4月30日に最終日を迎えました「ことり会発表会」。

期間中足を運んでくださった皆様には心よりお礼を申し上げます。


実は展覧会が終わってすぐ、わたし風邪をひきまして・・
なんやかんやでこじらしてしまい気管支炎になってしもて。
GWの後半はほぼ自宅で寝ておりました。

搬出の日も風邪の気配なんてまったく無かったのに、
気のゆるみでしょうか。情けない・・!
というか、思っている以上に体力が落ちている?と感じたので、
枯れている声が完全にもどったら私は運動を始めます(宣言)
何をするのかは未定!


今回は限られた準備期間の中で何が出来るか、
とても試された展示だったと思います。

展示物に必要な準備、各グッズの制作時間、費用に関すること、
展示の方法(カメラマンのシナさんにパネル展示法を教わる)、
そして何より体調管理。そのための仕事のスケジュール調整。
一人で動く時とは違う、チームで進める為の情報共有。

勉強になった事が沢山沢山有りました。


特にグッズ制作に関しては、すべて「ことり会だより」の
表紙原画を用いた図案という事もあり、デザインのほとんどを
自分に任せてもらいました。

絵の風合いを残しつつ、
「欲しい!」と思ってもらえるモノを作るため、
試行錯誤を重ねたいじっくり頭の私にとって
短時間で取捨選択していく作業は結構しんどかったのですが、
途中フィールドのデザイナーさんにサポートしてもらい
周りの方に助けてもらえたおかげで何とか、
満足のいくものが出来上がりました。

happyoukai6.jpg

happyoukai2.jpeg

グッズは懐紙、手ぬぐい、ポストカードなど。
懐紙は「えんぴつ」柄が一番人気で嬉しいことに完売!

ことり会のグッズ以外にもちょこっと、美人画の作品ポストカードも
置かせてもらったのですが、そちらに割と反応があって。

わたしが一番描きたいものは何なのか。
それはやっぱり美人画です。

もう迷うことなく、描いて行こうと思います。


happyoukai4.jpeg

happyoukai5.jpg

上の二枚は展示会場だったbe京都さんのレンタルスペースの写真。
29日の懐紙のワークショップではこの素敵な和室を使わせていただき、
参加の皆さんにも喜んでいただけた様子。

床の間に飾られたお花がとても瑞々しくて、
お部屋に爽やかな風を運んでくれました。

今回の展示でお世話になりましたbe京都さん、
株式会社FIELDセンムさんはじめ、関わってくださった
すべての方に心より感謝いたします。

有り難うございました!

posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

ことり会発表会【初日】

お早うございます。

ことり会発表会本日より開催です☆

本日は、オープンから私辻が、
午後には椿屋さんと共に在廊しております。

皆様のお越しをお待ちしております♪

展覧会の詳細はこちらです→


posted by 辻ヒロミ at 05:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

ことり会発表会やります!

CIMG9543.JPG

フリーライターの小春さん椿屋さんと3人で
ご飯食べ会「ことり会」なるものを結成したのが2010年の夏のこと。

そのご飯会の模様を、私が気ままに絵日記として
自分のブログでご紹介するようになり、
その時につけた「ことり会だより」というタイトルが
そのままフリーペーパーの名前に。

フリーペーパー「ことり会だより」vol.1が発行されたのが
2012年の6月で、現在vol.5まできました。

約4ヶ月に1回のペースで発行するフリペとは別に、
雑誌の連載や冊子商品の制作など、多方面から
お仕事のオファーもいただくようになりました。

ことり会での活動の様子は
ことり会HP」にてお知らせしてまいりましたが
来週末より五日間、京都の町家ギャラリーbe京都さんにて、
「ことり会発表会」なる展示をする事になりましたので
こちらのブログでもお知らせさせていただきます!

********************************************************

「ことり会発表会」

会期: 2014年4月26日(土)〜4月30日(水)
    11:00〜18:00 ※最終日は17:00まで

会場: be京都 http://www.be-kyoto.jp/


4月29日(祝)はワークショップを開催!

「こぼれ話&懐紙教室」※要予約
日時:4月29日(祝)13:00〜15:00
費用:2,000円(冊子+お菓子付き)
定員:20名

参加ご希望の方は、タイトルを「ワークショップ参加希望」とし、
お名前(同行者がいらっしゃる場合もその方のお名前も)と
連絡先を明記の上、kyoto.kotorikai@gmail.comまでご応募くださいませ。





posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

ホットケーキ

image-5.jpeg

最近、先々の喫茶店でつい頼んでしまう。


パンケーキにはなんかソワソワ、
ホットケーキにはほっこりしてしまうのは、

小学生のころ、お誕生日会のメインイベントが「ホットケーキ大会」
(友達みんなでホットプレートを囲み、生クリームやフルーツ、
トッピングのチョコなどで可愛い飾りを競う。)やった事や、

同じく私が小学生のころ、一時父がホットケーキミックスを使って
超簡単に出来る「手作りドーナツ」を得意料理としていた時期があり、
食べきれないほどいっぱい揚げたはった思い出など、

ホットケーキにまつわる、
子どものころの淡くて甘い記憶が蘇るせいかもしれません。

注文で「ホットケーキください。」って言うだけでも、
なんかちょっと顔が緩んでしまうかんじ。

忘れていた幸せアイテムでした。




※写真は二条駅近くのカフェ「雨林舎」のホットケーキ。
 シンプルな美味しさでぱくぱく食べてしまいます。
 恋しいなあ。

posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする