2014年03月03日

梅と桃と小津さん

image.jpeg

梅の香りに促されて、お久しぶりの更新です。

先週末に梅の名所、梅宮大社へ行って来ました。
その日はどの種類もまだ五分咲き程度でしたが、
小さく丸っこい梅の蕾がぽんぽん、と愛らしく
多いに楽しめました。

image-3.jpeg

image-1.jpeg

そしてこちらは桃の花。
先日母の誕生日プレゼント用に、
烏丸御池近くのhirugaoさんで求めたもの。

今年はお花と、小津安二郎監督の作品の中で
母が一番好きな「彼岸花」のBlu-ray
(ニューデジタルリマスター版)をプレゼントしました。

小津さんの作品は特徴的なカット手法や
役者さんのセリフ回しのテンポなどが独特ですが、
なんといってもカラー作品で最も際立っているのは
「赤」の色と配置のこだわりですよね。

監督の生誕110年を記念し「世界の小津」を500年先に届けるという
復元プロジェクトのもと、最新の技術をもって作られた
ニューデジタルリマスター版。果たしてどう違うの?と思いながら
その日のうちに親子で早速観たのですが、いやはやすごく良かった。

元小津組スタッフの監修を得て当時の製作意図を忠実に
再現されているというだけあって、美しいだけじゃない、
色の佇まいというか、画面全体の色調のバランスが絶妙でした。

どの画にもしつこいくらいに赤が配置されていてるのですが、
(母は畳の上の赤いヤカンを毎回突っ込みます笑)
今回のデジタルリマスター版を見て気付いたのは、
その一環したこだわり色の「赤」を引き立たせる為に
細やかに計算されている「黄」と「緑」の厳選と
配置のこだわりでした。

お話の中で夜の中華料理屋さんが出てくるのですが、
そのお店の内装が一番その三色であふれていたような。
(ラーメンの器にも注目)
あのお店の感じが好きすぎて、
私がラーメン屋さん始めるならあの配色にしたいです!

本作はとにかく役者さんが最高で私も大好き。
特に女優陣が素晴らしい!

有馬稲子さん山本富士子さんはじめ昭和の女優の
美しさは凄まじく、ニューデジタルリマスター版は
それもより濃く写し出していました。

そして何と言っても田中絹代さん、浪速千恵子さん、
笠智衆さんといった演技派の役者さんの自然な佇まいが生む
空気、唯一無二の存在感は流石としか言いようがないし、
私たち親子が大好きなちゃっきちゃきの浪花千恵子さんと
山本富士子さんの掛け合いシーンは何度観ても
「面白いなあ〜」「上手いなあ〜」言いながら、
二人で爆笑してしまうのでした。

小津監督のBlu-ray、他の作品も是非観てみたいです♪




posted by 辻ヒロミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

2014年始動

hiromitsuji 2014.jpg

新年明けましておめでとうございます!

多くの方と同じように、私も本日が仕事初め。
(といっても自宅での作業なので、風景は何も変わらない笑)
昨年どっっぷり浸かってしまった夜型脳を元に戻すべく、
毎日起床時間だけは守るぞと意気込んでいます。果たして・・

今年は年末に準備が間に合わず、(申し訳ありません!)
年賀状はお正月に出させていただきました。

そして我が家には元旦から、
お世話になっているデザイン会社さんから
↓こんな工夫を凝らした年賀状や、

CIMG9399.JPG

CIMG9400.JPG
しおり!!

昨年に誕生した赤ちゃんのお顔と近況を知らせてくれる
嬉しい嬉しい一枚まで、今年も様々なお葉書をいただき
改めて年賀状ってとっても嬉しいものやなあと思いました。

私も、皆さんの元へ嬉しいお便りをよせるような、
そんな作品作りをしていきたいです。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします!



posted by 辻ヒロミ at 19:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ブクブク交換 @ Black bird White birdのお知らせ

4ac8166e8ea63bb1b8c7de1aae68e007.jpg

12月18日〜29日(24日休廊)の間、
Black bird White birdさんにて開催されます
酉の市」内イベントとして、我がことり会も20日(金)に
「ブクブク交換」で参加させていただくことになりました!

先月、FIELD LABにて行いました第一回から
間もなく開催の第二回ブクブク交換。

今回は、ことり会だよりvol.4でご紹介しましたカフェ
Black bird White birdのオーナーさんよりお話をいただき、
開催のはこびとなりました。

ことり会だよりのご縁がこのように繋がることは、
本当に嬉しいこと。


今回のテーマは、酉にちなんで

13:00〜の回が「鳥」、
17:00〜の回が「空」です。

各回テーマに合わせた本をそれぞれ持ち寄り、
自己紹介を兼ねた本の紹介ののち、互いの本を交換します。

持参する本は新書、古書は問いません。

私辻の選定本は一冊は本日本屋さんで入手しまして、
もう一冊は特別ルートにて準備中です(笑)。
どんな本かは当日のお楽しみ!

今回はBlack bird White birdさんのドリンク付きですので、
温かい飲み物と一緒に、みんなで本を囲みましょう☆

ご興味のある方はぜひご参加ください!
ご予約お待ちしております♪

(※予約窓口は、「Black bird White bird」です。
お間違えのないようにお願いいたします。)

********************************************************

12月20日(金) 1回目13:00– /17:00–(1回2時間程度)
参加費: 1500 円(1 ドリンク付き)
定員: 各回5 名
主催: ことり会
場所: Black bird White bird 2 階カフェスペース
要予約(お店にお電話かメールで、イベント名、
    時間、人数、お名前と連絡先をご連絡ください)

---------------------------------------------------------
※「ブクブク交換」とは
2010 年2 月5 日から始まり、フィレンツェ、ロサンゼルス、
北海道から沖縄まで世界25 都市で開催されている本の交換会
のことで、当日、決められたテーマに合った本を持参して、
自己紹介をかねた本の紹介をした後は、本の交換をするという
コミュニケーション型ブックトークイベント。
http://bukubuku.net/



posted by 辻ヒロミ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

明日はブクブク交換会

1e174093027f89a83c0947f0045fc892.jpg

気持ちの良いお天気が続いておりますね。

最近仕事の打ち合わせや下見で
京都の市バスを利用する機会が多く、車窓から覗く街の景色から
紅葉シーズン目前の空気を感じる今日この頃です。

まだ紅葉前ですが過ごしやすい季節。
着物でおでかけされている方も多く、
京都の街は早くも色づき始めているようです。

さて、今回のことり会だよりの裏面や
ことり会HPにて告知されております
「ブクブク交換会」なる本の交換イベントが
明日に迫ってきました!

予約制のイベントなのですが、まだ空きがございます。
本の好きな方、ご興味のある方はぜひ
秋の京都へ遊びがてらお気軽にご参加くださいませ☆

詳細はコチラ→「ブクブク交換会」






posted by 辻ヒロミ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

ことり会だよりvol.5出ました

CIMG9044.JPG

もう既に手に取っていただいた方もいらっしゃるかもしれません♬

先日最新号vol.5が出ました!
フリーペーパー「ことり会だより」です。

今回の特集テーマは、
秋の夜長にぴったりの「本」。

編集長椿屋さんセレクトで、
京都の素敵な本屋さんを取り上げています。

・・・・そして、
今回のvol.5からは新しい企画のスタートも始まります!!

ことり会のHP日誌にて以前より告知されていました、
チェルカトラベルさんとのコラボ企画がついに始動しました!

「女性をキレイにする旅をコーディネート」を
コンセプトにされているチェルカトラベルさんは、
旅する女性をバックアップする楽しいプランを数々提案されている
会社です。
「ことり会だより」のご縁で今回お話を頂いたのが
フリーペーパーの内容と連動したツアーの企画です。

第一弾はvol.5の誌面でご紹介しております3軒の京都の素敵な本屋
さんと最後にプラスもう一軒、ほっこり休憩できるブックカフェに
立ち寄ってくれる本屋さんづくしの内容になっています。

こちらのツアーの詳細・ご予約はAlan1.netさんのページからどうぞ☆

↓最後にことり会だよりの設置状況です。
いつもご協力頂いているお店さんや施設をまわり、
順次設置をお願いしております。設置のリアルタイム情報は
ことり会ツイッターをチェックしてみてください☆


【北区】

北山の雑貨屋・アルファベット



【上京区】

西陣・三上長屋(写真家さんのお家の前のラックに置いて頂いてます!)

プチホテル京都


【左京区】


ガケ書房

太陽カフェ

雑貨店 小さい部屋

そうげんカフェ

恵文社 一乗寺店

駒井家住宅

ブックカフェ&ギャラリー ユニテ


【中京区】

キモノSHOP「和風館ICHI」 

ヘアサロン「KKLH laishi」(烏丸通御池上ル)

レティシア書房

京都芸術センター



【下京区】

画箋堂



遠方の方で、ことり会だよりを読みたい!という方は、
恐れ入りますが80円切手を貼った返信用封筒をご用意のうえ、
kyoto.kotorikai@gmail.com まで
「ことり会だよりvol.5」というタイトルを付けてメールをお送りください。

確認出来ましたら、今回の発送担当の小春さんより
封筒の送り先を記載したメールが届きます。
どしどしお待ちしております♪


(おまけの一言)
ことり会だよりの今回の表紙は写真のとおり、本をモチーフにした柄です。
タイトルは「古書新書」。

印刷が上がってくる際、毎回私は表紙の出来がめちゃめちゃ気になります。
ことり会だよりは現在、表がすべすべ・裏面はざらざらした質感の
「奉書紙」という紙を採用してまして、この紙はマットな表面に
裏面のニュアンスが少し表れて、少し味のある表情をしているため、
印刷時に絵と紙質がマッチした状態を出来るだけ想像しながら描いています。

なので思った通りに出来上がっているか毎回どきどきしているのですが、
今回もいい感じに仕上がり一安心です!



posted by 辻ヒロミ at 04:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

浮世絵の夏

DSC_0514.JPG

このまま涼しくなると見せかけて、暑くなるんでしょ?でしょ?
と疑いの気持ちとうらはらに。
涼しいの続いてますね〜。

九月はまだまだ暑い予想でいたので、
ちょっと季節外れな感じになってしまいましたが
お目当ての展覧会へ、昨日雨の中行って来ました。

美術館「えき」KYOTO で開催中の
浮世絵の夏ー納涼と花火ー」です。

本展では江戸時代の真夏の夜に夕涼みや川遊びに興じる人びとを描いた
浮世絵が沢山観る事ができ、絵に描かれている土地も
東は隅田川岸から西は京の四条河原まで各所ありました。

会場の説明を読んで驚いたのですが、
両国では5月28日の川開き以降は毎晩、
ドンパチ花火が上がっていたそうです(!)
オモロすぎる江戸の人。

その花火を観る人でぎうぎうの橋の様子も、絵師によって
描き方や観点が違ってとても面白かったです。

群衆の一人一人の表情や着物まできっちり描く人もいれば、
頭のてっぺんだけポコポコ描く人も。(でもちゃんと
丁髷の剃り部分が青い人と、グレーの人と分けてある)
かとおもえば描くの面倒やったんか人はまばらに描くひともいました。

そして橋の上の寿司詰め状態を優雅に船から眺める遊女と客。
着物の袂や裾の動きで川の涼風を、
猪牙船の船尾が上下している様子からは水の動きを感じます。

船のギシギシいう音、
波がちゃぷちゃぷ、三味線の音。
夜空に轟く花火の後には歓声が飛び交って・・
本当にすぐ側で聞こえて来そうです!


CIMG7802.JPG

写真は今年の初夏に誂えてもらった
西村兄妹キモノ店さんの浴衣の反物です。
(お誂えの様子は以前「ことり会日誌」ご紹介いたしました☆→コチラ
お気に入りの藍染めの意匠。

あいぜんの女将さんに
「浴衣は毎年誂えて、大胆な新柄を楽しむものです。」
と教えていただいたのですが、確かに今日見た江戸の人たちは凄かった。

皆浴衣のド派手で奇抜なこと!そして柄に負けない、
人びとの格好の良い事。

絵の中の浴衣の柄の一つ一つをじっくり見ていると、
そこに「これでもか!」という職人の技が入っていて
ほんまに実物をそのまま描いているんやと思いました。

こんなに競うようにお洒落して、粋でいなせな人びとが
町の至る所にいた時代が実際にあったかと思うと、震える気持ち。

タイムマシンが出来たら迷わずこの時代に行くな。


******************************************************

浮世絵の夏ー納涼と花火ー

 〜9月9日まで(会期中無休)

場所:美術館「えき」KYOTO
   
開館時間:午前10時〜午後8時(最終日午後5時閉館)
入館締切:閉館30分前


posted by 辻ヒロミ at 08:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする