2014年12月16日

本屋さんで泣いた日

141216.jpg

先日、本屋さんでふと手に取った
スノーフレーク」という雪結晶の本。
(ケネス・リブレクト 著
パトリシア・ラスムッセン 写真
でがわあずさ/広田敦郎 訳 山と渓谷社)

数ページ開いて見て、
自然のあまりの美しさ、凄さ、儚さにふるえ
涙した。

一つも同じ形が無い、こんなに美しいものが
天から地に降りて来て、一瞬で消えていくなんて。

この本の雪結晶の写真がどれも美しく、
素晴らしいという事は勿論なのですが、
見た瞬間にこれほどダイレクトに心を掴まれる理由を
もっと細かく解いてみたい。





posted by 辻ヒロミ at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。